秋葉原でカレー食べてきた。(あとメイドさんと交流も…)

ブログ

いちのZenです。先日、用事で秋葉原まで行ってきたんですが、せっかく来たのでついでに数か月前から壊れて使えないデスクトップパソコンについて、電器屋さんの詳しそうな店員さんに話を伺ってきました。

もちろん、こんな濃ゆい街に来てそれだけで帰るつもりはありませんw

スポンサーリンク

最近のメイドカフェの印象。

客引きをしているメイドさん数人とも少しだけ話をしましたよ。かなり可愛い子も居るんですが、キャバクラと同じように?(俺は酒飲めないので実はキャバクラに行った事はないんですが、多分・・・)メイドさんに適宜ドリンクをおごったりしないと、あんまり相手にしてもらえなくなるようです。

アキバの全てのメイドカフェがそういう感じになっちゃってるわけではないと思うし、もっと金出さなくてもまったり出来るお店も探せばあるとは思うんですが、客引きに熱心なお店はほとんどが、メイドさんにドリンクをおごっていかないとつまらない事になるお店タイプ(つまり露骨な営利主義)なんじゃないかと思います。。。

そういう気がしたので、今回はメイドカフェには行きませんでした。ちょっと裏通りに入ると、メイドさんが5人も10人も居て客引きしまくっている場所もあるんですね。

俺なんかはスケベなので、わざとそういう場所を通ってメイドさんと(無料でw)話すのを楽しむんですが、それでもあんまり露骨にそれをやるのもセコいし魂胆がミエミエで格好悪いので、ほどほどにしました。

本当はしゃべりたいんだけど、あえて『悪いけど忙しいんだ』という雰囲気を出して断るようにして、それでもメイドさんが追っかけてきてくれると少しだけ嬉しかったりします。(でも結局断る奴w)


↑※忙しそうなクールな男のイメージ

やっぱり・・・キャバクラもそうだと思いますが、そういう場所でお金を払って会話をしても、なかなか実際にプライベートでもデートできるような仲になるのは難しいんじゃないかなと。よっぽど遊び慣れてる男か、もしくは金持ってて通いまくれる人とかじゃないと難しいんじゃないだろうか。

それだったら街でナンパした方がマシでしょうw

メイドリフレは中途半端?

メイドリフレ(メイドさんのマッサージ屋)というのもあって、俺はメイドリフレには一度しか行った事ないんですが、その時思った事は、メイドリフレはマッサージしてもらいたい人にもHな事を期待している人にとっても、どちらの人にとっても不満が残る中途半端なサービスなんじゃないかって事です。

本気でマッサージをしてもらいたい人は、多分普通のマッサージ屋に行った方がプロがやってくれるだろうし、Hな事を求めているのだったら風俗店の方が良いでしょう。メイドリフレは、風俗店じゃないですからね。。。

素朴な疑問

ニートや引きこもりの人は、性欲がないんだろうか?性欲があったら、『彼女が欲しい』とか『風俗でもいいからスケベしたい』とか思わないんだろうか。「そのためには働いて金を稼ぐか」ってなると思うんですけどね。

自分はそうやって思っちゃう方なんですが、要は自分の欲のために働いて稼ぎたいというだけなんで、立派でもなんでもないんだけどね。ただ、そうであっても無職や引きこもりでいるよりは親も安心すると思うので、悪い事ではないかなと。

カレーは飲み物なのか?

秋葉原とか神田あたりはカレー屋の激戦区なのか、カレー屋さんが多い気がします。

実は、『カレーは飲み物』という名前の店があり、カレー好きなので入ってみました。メニューは3~4種類ぐらいしかない感じで、その代わりトッピングは3つまで無料で、サイズも小から大盛り、山盛まで全て同じ値段でした。

「大は小を兼ねる」という事で、男性なら山盛りを頼むのも良いでしょう。(俺はダイエット中なので、でもカレーは好きなので大盛りにしました。丁度良い量でした)

カレーは飲み物っていう名前から、液体みたいに水っぽいカレーでも出てくるのかと思いきや、意外と普通の日本人向けのカレーが出てきましたよ。まあまあおいしかったです。大体どのメニューも千円でおつりが来るぐらいかな。

あと、店内にももクロのサイン入り色紙が飾ってありましたw

momokuro-autograph

 

 

★ブログランキングに参加中!

本ブログに共感・応援してくださる方は、以下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。↓

ブログ
スポンサーリンク
情熱!ニートレボリューション

コメント

タイトルとURLをコピーしました