反省と教訓、そしてWEB面接。

ニートからの大逆転プラン
スポンサーリンク

何故かバイトを休職する事に

どうも、いちのZenです!(名前をガチネット(ニート革命)から変えました。

久々の出勤するはずでしたが、何故かしばらく休職する事になってしまいました・・・orz

一応、「持病や飲んでいる薬のために免疫力が普通の人よりも低くなっているので、様子を見たいから」という理由は、たしかにそれもあるんですが。でも、個人的には感染リスクは低めの職場だと思ってるんです。

ではなぜ休職する事になっちゃったのか・・・それは、まず最初に、遅刻確定しちゃった日に薬を持ってくるのを忘れ、それで不安になってその日急に休んだ→そのまま次の日も休んでしまい、ズルズルと休みが伸びてしまい、どんどん行きづらくなって・・・

もう辞めるしかないかなと思いきや、採用してくれた上司の方の計らいで、またいつでも戻ってこれるように休職扱いにしてくれたのです。

はたして、戻る事があるのか?は、分かりませんが、ありがたいです。

にしても、「迷惑をかけちゃった分、行動で返すぜ」なんて言っていたのに、何やってんだ俺は・・・(-_-;)

でも、たしかに自分が目指す仕事(WEB系エンジニアとかプログラミングを活かせる仕事)に就くには、まだまだレベル上げしなきゃいけない事があるのも事実。たとえ週3日でも、それと全く関係ない事をしなきゃいけないというのが嫌だったのかも・・・

(とはいえ、借金もあるし金は稼がないといけないのですが。)

今後どうすりゃいいのか

 

それでどうするかというと、いくつか選択肢を考えました。

 A:コロナの心配もあるので、在宅で仕事を取れるように集中して頑張る
 B:休職扱いにしてもらったのに、またすぐに戻りたいというのも変なので、しばらく似たような別の職場でバイトしつつ本命の仕事へ向けてレベル上げする
 C:もう本命の仕事に応募していく(ダメ元で。並行してスキルアップの勉強をしていく)

さて・・・どうする?

Bに関しては、たとえ条件が良さげでも、やっぱり倉庫作業みたいな事はやる気が今一つ出ないのかもしれない。(選べる立場にはないんだけどもね)

それでネットで調べて、より自分のやりたい事に近い仕事で、現状でも応募できそうな求人に応募したら、コロナの影響でWEB面接というのをやる事になりました!

Skypeかと思いきや、ZOOMという、最近急速に普及しつつあるビデオ会議ツールを使います。

はじめての事なので少し緊張しますが、いかにもIT系って感じでワクワクしますね(・∀・)

自分がやりたい仕事ならば、今度は(もし採用されたら)簡単に辞めたくなったりはしないはず!多分。。。

IT系でもある程度経験を積まないと最初からリモートワークOKなんてのはなかなかないでしょうし、コロナの事は心配ですが、会社側も気を付けているはずだしこちらも最大限できる対策はしておけば、なんとかなるはず!

教訓。

この記事のタイトルにも書きましたが、そもそも「ぬるい、楽勝」と思っていたバイトを休むようになってしまった原因は、

仮病で休んだ事が心の重しになり、休めば休むほど行きにくくなってしまった。

仮病などウソをついて仕事をサボる注意点は、

・全く気分が晴れないし、むしろ自己嫌悪と悪循環に陥ってせっかく休んでも楽しくない(平気な人もいるかもしれませんが・・・)

・会社側の立場に立ってみても、その日いきなり休まれるよりは遅刻でも来てくれる方が助かるはず。

ということで、

【教訓】
休むぐらいなら、たとえ一時間とかの遅刻であっても出勤した方が良い!
遅刻もたまーになら、どうって事はないはず!あまり頻繁にしないよう気を付けたら良いだけです。
 
 
引き留めてくださった上司が現場の直属の上司なら最高だったんですが、この人と一緒の場所で働くわけじゃないんですよね・・・。
 
恥ずべき事をしてしまった感は否めないが、貴重な教訓も得た事だし、今後の人生に生かそう思います。
なにより、困るのは自分。いい年して貧乏&無職、ニートなんて事では、全く将来の展望が開けません。年齢を重ねるごとにヤバイ事になるだけだ。
 
親もいい年だし、いずれ必ず別れの時が来る・・・。せめて親が健在のうちにもっと親孝行してあげられるように、がんばります(`・ω・´)キリッ

在宅でも稼ぎやすいスキルについて

私も持病があり、今後もしかしたらまた入院なんて事になる可能性もなきにしもあらずです。
 
そうなった時に備え、また、普通の社会人のように安定して出社する事が苦手なので、リモートワークが出来ると良いなと思っています。
 
WEB系エンジニアとかWEBデザイナー等の仕事であれば、リモートワークはしやすいはず。
 
なのでHTMLやCSS, JavaScriptやPHP等のプログラミング言語を学んでいるわけですが、プログラミングは習得にやや時間がかかります。
 
プログラミングよりも習得が速そうなのがWEBデザイン。
Photoshopが使えると、WEBデザイン系の仕事は、リアルの求人やクラウドソージングサイトでも応募できる案件が増えそうです♪
という事に気づきました。
 
フォトショップは、月額千円で利用できるプランがあります。(また、他にもイラレとかAfterEffectsなどAdobe社のソフトが全部使えちゃうプランもあり、そちらは月額5600円ぐらいだったと思います)
 
月額千円なら、まあ貧乏人でも払えない額ではないでしょう。というわけで私もやってみようかと思っています。
 
いちのZen
いちのZen

最近は動画編集も狙い目の副業みたいなんですが、あまり手を広げすぎると何も身につかなくなる危険性もあるので、自分はひとまず動画編集は見送ろうかなと思っています(※動画編集となると、PCもスペック高めなのが必要でしょうし・・・)

 
Photoshopがあれば、画像編集などがこれまでよりもさらに快適になり色々プロっぽい編集もできるようになるでしょう。
Youtuberやブログやってる人も、アイキャッチ画像やヘッダーデザイン等、自分で色々作ってみたら楽しいと思いますよ。
 

★ブログランキングに参加中!

本ブログに共感・応援してくださる方は、以下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました