病院に行ってきた。看護婦さんと会話

ブログ

通院日だったので、朝から病院に行ってきました。

看護婦さんや看護助手さんとも話をしましたが、近い距離(30㎝ぐらい?)で、目を見て話してこられるので、嬉しいような恥ずかしいような・・・?

自信がないと、キョドってすぐ目をそらしてしまいます。(これではいけません)

今回は一応、無職ではないからか、前よりかは多少自信ある感じでした。

なんとなく近い距離でにこやかに話してくれると、嬉しいもんですね。

「もしかして俺、カッコいいのかな?」と錯覚させてくれます
(まっ、誰にでも優しいんでしょうがw)

とはいえ・・・勤務中の女性を口説くのはかなり難しいと思います。(入院中に得た教訓です)

周囲の目もあるし、相手は仕事モードなので、それはやめといた方がいいでしょうね。


「あら、な~に?」

それにしても、コロナショックで医療関係者もストレスがひどいんじゃないかと思いますが、全くそんなそぶりも見せず愛想良く応対してもらえると、頭が下がる思いです。これぞプロ。

 

キャバクラ(行った事ないけど)じゃないので、あまり調子に乗ってはいけませんね。

 

★ブログランキングに参加中!

本ブログに共感・応援してくださる方は、以下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。↓

ブログ
スポンサーリンク
情熱!ニートレボリューション

コメント

タイトルとURLをコピーしました