ネットで紹介されました。^^

お知らせ
スポンサーリンク

紹介されたは良いけれど・・・(汗)

いちのZenです。最近、特にイラストとか上げるようになってから、余計にアクセス数が減ったなあ・・・と思っていたのですが、アクセス解析を見ていたらいきなり少し(少しですよ)アクセスが増えたようだったので調べてみたら、Twitter経由で俺のブログ記事を紹介してくれた人がいる事に気づいた。↓↓

具体的には、こちらの記事なのですが・・・↓

ブルーオーシャンを見つけられるか?
久しぶりの更新です。なんだかんだもう100記事ぐらい書いてるんだけど、アクセス数が伸びないのでだんだんこのブログに力を入れるのがアホらしくなってきました。まあ、アクセス数も少ないのに下手にアフィリ広告とか入れちゃったりすると、余計に読者...

 

この人は、『自分の事を記事に書かれた』と思っているようだ。

でも、よく読んで欲しいんだけど、俺は特定の人を名指しで批判などはしていません。

なので、なんでこの人、「自分の事を書かれた」と思ったのかなあ?って不思議なんですが・・・(笑)

こちらとしても、自分もある意味ダメ人間であるのに、特定の他人の批判をしつこくするとか、そういった事に時間やエネルギーを使いたくないですからね。

もしそう感じさせてしまったのなら「ごめんなさい」と思うべきかもしれないけれど、

記事に書いたようなニートは、全国にはおそらく沢山いるだろうし、他人のブログを読んで「これは俺の事言ってるのか!?」といちいち勘ぐって腹を立てていたら生きるのが辛くなるんじゃないだろうか・・・?

あまり気に病まないでもらいたいな~と思います。(´-ω-`)

なんだろう、見栄っ張りニートだという自覚でもあったのかな(笑) 具体的にどの辺が自分の事と思ったのかは気になるが。

一見正論のようだが・・・

ついでなので一言。

「成功者のようにふるまえば、やがて本当に成功者のようになっていけるはずだ」

というのは、一見もっともらしく聞こえるのだけど、

たとえば本当は自立さえ出来てない人が「俺はビジネスで沢山稼いでいるよ」と言っていたら、それは詐欺師と言わないだろうか・・・?


↑某アニメの詐欺師さん。

別に反応してきたこの人が、と言うつもりはないけど、ネット上には経歴とか実績を詐称している人も多いですからね。気を付けましょう。

でも、成功者の口グセとか習慣、マインドなどを学び、マネしてみたり取り入れてみるというのは自分も良い事だと思います。(もしかしたらそういう意味で言っていたのかも・・・?)

顔出しでYoutuberをやる事について

この人はブログ村のニート日記でわりと上位の人で、Youtuberとかもやってるんだよね。

前にチラっとこの人の動画を見たことがあるんだけど、その時は「俺の親は年収二千万だから、俺は勝ち組だ。嫉妬すんなよ」とか動画でしゃべっていて、正直、引きました。

一応、良い点もあげておくと、バク転の動画とか、ギターが引けたりはすごいなと思いました。

 

Youtubeで収益を上げるためには、チャンネル登録者数を千人以上にしなければいけないらしい。それが絶対条件の一つなんだとか。

無名のうちは、顔出しで非常識な事を発信してもどうってことはないだろうが、もしこれがだんだん有名になり、近所とかでも「あっ、あの人あの動画の人だ!」って知られるようになれば、場合によっては、親とか親戚にも恥をかかせてしまう事になりかねない。

顔出しで動画配信するのは度胸があって良いとは思うんだけど、そういったリスクもあるって事。まあ、そんな事は多分言われるまでもなく承知の上でしょうがね。

 

いちのZen
いちのZen

でも、上記のような言葉が、なんというのかな、一種独特のジョークのように受け入れてもらえれば、そういうキャラとして大衆が認めれば・・・! アリかもしれないけどな。(笑)

 

率直な意見をかかせてもらったので、人によっては不快に思われるかもしれないが、

なんにせよ、せっかく当ブログを紹介してくれたのだし、この人がうまく行くことを祈ってますよ^^

なんだかんだ、アフィリで少しでも収益をあげるのは大変な事だってのは俺もよく知ってますからね。たとえ少しでも収益があるのなら、それは素晴らしい事なんじゃないでしょうか?(それで、自立できれば良いけれど。)

 

いちのZen
いちのZen

でも、正直言って、あまりこの人には当ブログの事は気にしないでもらえるといいなぁ。いちいち勘ぐられても疲れるし、そんなにこちらも、その人の事をウォッチしてるほどヒマじゃないからね。

 

この人は俺のブログなんか気にしないで、もっと自分のやるべき事に集中した方がいいんじゃないかなぁ?

楽して稼ぐのは悪い事か?

以下は関係ない話だけど、「ラクして稼ぐ=悪」、みたいな風潮が気になる。と同時に、「ラクして稼げる」というフレーズに多くの人が誘惑されてしまう事も気になるのだが。

自分も、パチスロで調子よく儲かっちゃったりすると、ふと思うんだよね。これって悪い事なのかなぁ・・・?と。

でも、何も不正やズルなんかしてないし、自分でリスクを冒して勝負した結果だ。

また、お店側としても、特定の人ばかりが勝っているとしても、店全体として利益が出ているなら(相手がゴト師とかじゃない限り)問題はないはずだ。

(海外のカジノとかだと、プロ認定されたら入店拒否という事もあるらしいが、日本のパチンコ屋だとそういった事は少ないと思う。その代わり、レートが固定なのでそう大きな額は稼げないが。)

 

投資の世界もパチスロの世界も、9割は負け組とよく言われるが、こればっかりはしょうがないんじゃないだろうか。負けるのが嫌なら、やめるか、勝てるよう必死で勉強するしかないのだから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました